直島

 

直島についての簡単なご案内

 

直島/豊島/犬島 各美術館の開館カレンダー

 

直島は大きく分けてインフォメーションセンターのある宮浦港、地中美術館やベネッセハウスミュージアム等が点在する南岸地区、家プロジェクトある本村港、の3つのエリアに分かれています。それぞれのエリア間は大体徒歩30分、自転車で10-20分(いくつか急な坂のある道もあります)の距離です。または約30分に1度の頻度でバスもあります)。

 

地中美術館

安藤忠雄設計。ジェームス・タレル、ウォルター・デ・マリア、巨大なモネの「睡蓮」コレクション。モネの愛した庭のレプリカも美術館へ向かう道脇にあります。とても人気の美術館。

開館時間:

3月1日 ~ 9月30日

10:00 ~ 18:00( 最終入館17:00 )

10月1日 ~ 2月末日

10:00 ~ 17:00( 最終入館16:00 )

休館:毎週月曜日(祝日は除く)

鑑賞料金:2,060円(15歳以下は無料)

入館者が込み合う時期はネットで予約されると待ち時間なしに入館出来ます。

事前に予約が必要なプログラム:ジェームス・タレル「オープン・スカイ」(ナイトプログラム)もあります。ご予約はこちらから



家プロジェクト

杉本博司、宮島達男 、ジェームズ・タレル、内藤礼 、千住博 、須田悦弘 、大竹伸朗によるプロジェクト。

事前に予約が必要な作品:ぎんざ、ご予約はこちらから

開館時間:

10:00~16:30

※「南寺」最終入館 16:15

※「護王神社」の本殿と拝殿は、いつでも自由にご見学、ご参拝いただけます。

休館:毎週月曜日(祝日を除く)

鑑賞料金:1,030円(15歳以下は無料)

「南寺」は特に人気が高く一度に入館できる人数も決まっているため、少し外でお待ちいただく事も度々あるようです。

 

ANDO MUSEUM

2013年に新設された安藤忠雄の仕事と直島の歴史についての美術館。本村港の近く。

開館時間:10時ー16時30分(最終入場16時)

休館:月曜日(祝日を除く)

鑑賞料金:510円(15歳以下は無料)


ベネッセハウス・ミュージアム

安藤忠雄設計により直島で最初に建てられた美術館。350のコレクションを持つ。

開館時間:8時ー21時(最終入場20時)

休館:年中無休

鑑賞料金:1,030円(15歳以下は無料)

 

直島銭湯「I♥湯」

開館時間:

平日 

14:00 ~ 21:00(最終受付20:30)

土日祝 

10:00 ~ 21:00(最終受付20:30)

休館:月曜日(祝日を除く)

 

李禹煥美術館

安藤忠雄設計。地中美術館とベネッセハウスミュージアムの間に位置する。

開館時間:

3月1日 ~ 9月30日

10:00 ~ 18:00( 最終入館17:30 )

10月1日 ~ 2月末日

10:00 ~ 17:00( 最終入館16:30 )

 

休館:月曜日(祝日を除く)

鑑賞料金:1,000円(15歳以下は無料)

 


大体の様子がおわかり頂けましたか? 直島のアート作品を巡る際には、毎回次はどこに行く?どうやって?とならずに済むように事前に大まかに作戦を立てるとリラックスしてゆっくり作品を楽しめると思います。

 
直島を楽しむコツ

 
・宇野港からの直島行きの船は主要な港である宮之浦港の他にも、家プロジェクトのあるエリアに位置する本村港もあります。フェリー/小型船時刻表

 
・いくつかの展示場所では靴を脱いで上履きで鑑賞します。脱いだり履いたりしやすい靴で来られる事をお勧めします。

 
・直島の美術館、アート作品はメンテナンスなどの場合わりと急な予告で休館する事があります。計画を立てる時にはもう一度会館スケジュールを確認しましょう。