高原式モービル・ハウス

IMG_2165

 

ウノポートイン計画が生まれた2015年、一つだけはっきりしていたのは、新しい施設には「強く濃く美味いコーヒー」が絶対必要だという事。しかもスタイルを持って。

 

takahara-mobile-house-pic

Making an own-built mobile house

玉野出身の建築家、高原正伸氏が宇野の隣町、生まれ故郷の八浜へ帰ってきたのは2010年でした。 それまでは福岡や京都で教鞭をとったり、建築事務所の仕事をしていたり。

 

彼の「如何に独立して生きるか」という前衛的で恐れ知らずの反物質主義的な考え方は、この街に住む文化意識の高い人達に影響を与えました。彼の人生のゴールは「漁船の上で生活する。そして死ぬまで気ままに移動しながら暮らす。」ということ。彼はいつでも動いていたい人。一つ場所に留まるのを嫌う。自分が設計する建物でさえ土地に縛り付けたくないと考える。そしてとても日本人。無駄を嫌う。

 

彼は自身の家も独力で(ヒマコ夫人の協力を得て) ほとんど廃材から作った。しかも土地にしがみつかない車輪付きの可動式。

 

Uno Port INNは彼の生きる姿勢と建築スタイルがとても気に入って、彼に唯一無二のモバイル・ハウスの設計をお願いした。

 

高原氏が考案した将来のUPINNエスプレッソスタンドのデザインは檜を使った日本古来の工法(クギを使わない)で組み立てられた神社のような姿だった。

 

fujiwara-fam-greed

Mr Fujiwara Hideto, Fam- Greed

いくつかの工房に建築依頼した後、 同じ八浜出身の家具工房fam-greedの家具職人、藤原秀人氏が、「お金のことはともかく、なんだか面白そうなのでやってみましょう」とこのプロジェクトに加わった。

IMG_3371IMG_3374IMG_3376


ウノポートインはこのモバイルハウスをサイズ違いでいくつか作って、いつか宇野港周辺でコロコロさせたいと考えている。

 

もし「自分用に欲しい!」という方は info@unoportinn.com までご連絡を。受注製作します。